2011年 10月 25日 ( 1 )




CHOCOMOOの闘病記

2011年 10月23日 午後 4時15分ぐらい・・・・。
チョコムーは永眠しました。

次の日、24日には小さくなってお家に帰ってきました。


今年4月の終わりに立てなくなって、その時は前から悪かった関節炎と背骨の変形によるものだと思っていました。それでも5月のゴールデンウィークには高知にキャンプに行き、それがいい刺激になったのか
最終日には立てるようになりました。
キャンプから帰ってきても、自力で立ち、ゆっくりですが歩けてました。
でも5月の終わり頃には歩けなくなりました。
5月のおわりぐらいに左後ろ足のところに直径5センチ~10センチぐらいの固いできもののようなものが触って分り、あたしはただ足を動かせすぎて腫れてしまってるだけ・・・・・・。と思っていましたが
2、3日したら、また少し腫れが大きくなってる?って思い病院に行きました。
先生から言われた言葉は「悪性のものでしょう・・・・。」
あたしは自分の体全身が震えてるのがわかりました。その時はそれ以上何も聞けず帰ってきましたが
6月2日に病院に行きあたしは先生に「チョコムーは後どれくらいですか?」と聞きました。
返ってきた答えは「おそらく平滑筋肉腫でしょう・・・・。早くて1ヶ月」と宣告されました。
その言葉を聞いた時はちょっと頭の中が????????こんな感じで涙も出ませんでした。

車に乗って帰る途中は後から後から涙が出て止まりませんでした。家に着くと姫がいてるので泣いたらあかんと思い冷静を装い「ただいま~」っと普通にしてたんですが・・・・・・。自然に涙が出てきて止められません。姫にはこの時点で「チョコムーはガンはあるけど、まだまだ大丈夫!」と伝えて余命1ヶ月とは言えませんでした。

後1ヶ月・・・・。あたしには何ができるんだろう?正直汚い話ですが、この頃は風呂に入ってる時間ももったいなく感じ、2、3日おきぐらいにしかお風呂に入っていませんでした。
姫には伝えていなかったので、姫は常にあたしに「ママはチョコムーばっかり・・・・・。あたしの事はどうでもいいの?」とまで言わせてしまってた・・・・。反抗的になってた・・・・。
チョコムーの死を受け止められるか分らないですが、姫に全て話したのが6月の半ば。
ここから家族全員でチョコムーの為の時間を考えるようになった。

姫はすごく強く、あたしが弱音をはいたって「チョコムーは頑張ってるから大丈夫!」って
姫に何度も励まされました。
チョコムーの寝たきり生活が4ヶ月半・・・・・。
その中でぐんぐん成長した姫・・・・・。それもチョコムーのおかげです。
最後まで子育てを手伝ってくれてました。

日々、チョコムー自身ができなくなっていく事が増え、とうとう排尿も自力では出せなくなってカテーテルを
つけないといけなくなった時は、カテーテルを入れることによって、チョコムーが痛みの中で生活していかないといけないんだったら安楽死をとも考えてましたが、幸いこの時には下半身麻痺になってる感じで痛みも感じてなかった・・・・・。しっぽの先も壊死してましたが、チョコムーは気にもぜずいられたことがよかったです。

9月の岐阜へのキャンプは前日まで行こか、行かないか迷っていました・・・・。
チョコムーの体調がよくなかったのは事実です。
でもこの岐阜のキャンプにはホンマに行ってよかったです! 食欲もなくなってたチョコムーが
ガツガツ食べるようになり、また高知のキャンプの時みたいにミラクルを起こましたね。

岐阜のキャンプから帰ってきてもすごく元気で食欲も前にかわらずガッついてくれ
この子は不死身なんじゃない?って思うぐらいに・・・・・。
10月に入ってまたキャンプを計画しました。どっかにお出かけするたびにチョコムーは回復するんじゃないか
って・・・・・。いつものお山でのキャンプが決まり日にちが近ずくにつれてチョコムーの体調はまた下降ぎみ
になってましたが、この時は迷わず「どんな状態でも連れて行く!」。絶対にまた復活してくれるとあたしは勝手に思いこんで・・・・・・・。
キャンプ場に着き、あんだけ食べなかった朝ごはん・・・・。パンをペロッと食べてくれて、あたしはやったぁ~
やっぱり復活できると思ってましたが・・・・・その後は食べませんでした。

キャンプから帰ってきても食欲は戻らず・・・・・。
でも、19日にガッツリ食べたチョコムー・・・・。この時もまた復活できると思ってました。往生際が悪い飼い主です・・・・・・。
次の日からは固形物はうまく飲み込む事ができなくなってなって、流動食しか食べれなくなりました。
22日にはばうのんさんが来てくれて、チョコムーにたくさんのご飯を持ってきてくれ、
食べれないと思いましたが、少しあげてみたら、上手に3口ぐらいは食べてくれました。きっとチョコムーは
来てくれて嬉かったんだと思います。チョコムーはありがとうの気持ちを自分が食べる事で表したんでしょう・・・・。

23日の朝方からずっと大量の下痢・・・・・。おしりをキレイに洗っても洗っても追いつかない・・・・・。
流動食も飲もうとせず・・・・。昼ぐらいから体が痙攣?しゃっくり?って感じが何度もありました。すぐにおさまるんですが・・・・・。水分はゆっくり飲めてる感じでしたが・・・・・最後はハァーハァーといっていたので
水分がほしいんだと思いシリンジで少しずつ飲ましていたら、突然顔をのけぞりました・・・・・・。
それが最後でした・・・・・・・・・。もしかしたら水が詰まってしまったのかもしれません・・・・・・。
でも・・・・・チョコムーが苦しまずに逝けた事に感謝です・・・・・。それも家族全員がいてるときに・・・・・。


完全に寝たきりになって4ヶ月半・・・・・・。あたしの欲をいえば、まだまだ介護をさせてほしかった・・・・。
もっともっと一緒にいたかった。でもチョコムーは限界まで頑張ってくれました。
余命1ヶ月と言われ・・・・・4ヶ月半。 何度も何度も病院では限界だろう・・・・・・といわれましたが
いつも復活して病院ではびっくりされてました・・・・。
チョコムー顔も男前やのに、病気と闘ってたチョコムーの姿もかっこよすぎでした!!!!!! 

14年と5ヶ月と17日の犬生      お疲れ様でした。
[PR]



by choco-ras | 2011-10-25 16:09

日々のできごと
by choco-ras
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧